名湯「塩山温泉」
Enzan Onsen

650年ほど前の南北朝時代、臨済宗・向嶽寺の開祖である抜隊禅師が塩ノ山の麓で発見したといわれる、歴史ある塩山温泉。武田信玄公の隠し湯としても知られています。館内には、大正元年付けの温泉成分分析表があります。湯ざわりはスルッとしており、肌にしっとりなじみます。高アルカリ性のため、女性にうれしい美肌の湯でもあります。

  • 塩山温泉
  • 塩山温泉

当館内浴場のご案内
Information for Bath

浴槽には、御影石を使っております。奥の大きい浴槽は加温してあり、手前の小さい浴槽には、泉度28度の冷たい源泉を湛えております。
大きい浴槽には、疲れた体に効くジェットバスを完備。また、洗い場のカラン、シャワーにも源泉を使用しております。

ご利用時間

7:00~12:00  13:00~21:30
※12:00~13:00の間はお風呂をご使用いただけません

泉質

アルカリ性単純温泉(加温・循環濾過あり)

効能

神経痛/筋肉痛/関節痛/五十肩/運動麻痺/関節のこわばり/慢性消化器病/疲労回復/冷え性/健康増進/慢性皮膚病/リウマチ

無色透明

臭気

無臭

源泉温度

23℃

入湯税

150円(別途頂戴いたします。)

立ち寄りで大浴場をご利用の方へ

立ち寄りで大浴場をご利用の方へ

駐車場側の裏口が立ち寄り湯の入口です。表にいるスタッフにお声掛けください。

営業時間

8:00~12:00  13:00~19:00(水・木曜日を除く)

料金

大人/500円、小学生=200円
※12:00~13:00の間はお風呂をご使用いただけません

立ち寄りで大浴場をご利用の方へ
立ち寄りで大浴場をご利用の方へ

温冷浴のススメ
Hot and cold bath

冷たい水と熱いお湯を交互に浴びる入浴法を温冷浴といいます。
温冷浴は、お風呂で温まった熱を体内に閉じこめることができる、冷え性に効果的な入浴方法です。
当館の大浴場には、加温した温泉と泉度28度の冷たい源泉があります。交互に浸かって、冷えにくい体をつくりましょう!

温冷浴のQ&A

Q1 お風呂で温まったのに、なぜ冷えるの?

温まって広がった血管が、湯上り後も広がったままの状態だと、どんどん熱が体外へ放出されてしまい、冷えの原因になるのです。

Q2 冷えを解消するには?

広がった血管に冷たい水をかけると、血管が収縮し、熱を閉じ込めた状態にできます。これを積極的に行うと、温かさを持続させることができます。

Q3 温冷浴の方法は?

①3分ほど、42℃くらいの熱めのお湯に浸かる。腰湯や半身浴にしておくと、体に負担がかかりません。
②浴槽から出て、冷水を手や足に10秒間ずつ掛け、これを繰り返し3~4回行います。
③1分、お風呂に入いります。
※①から③を、5~11回程度繰り返えします。最後は水で終わってください。

Q4 温冷浴の主な効果は?

・血流が良くなることで、美肌、冷え性改善、疲労回復などに効果。
・免疫力が高まり、風邪や各種疾病の改善が期待できます。
・自律神経のバランス回復に効果があり、アトピー、ぜんそく、高血圧などを改善。